So-net無料ブログ作成
検索選択

介護事業所、6割超で労働条件に問題―和歌山労働局(医療介護CBニュース)

 和歌山労働局はこのほど、県内の62.7%の介護事業所で基本的な労働条件に問題が見られたと発表した。今年度は「調査の結果を踏まえて重点的に指導、監督を実施する」(労働局の担当者)方針だ。

 調査は今年1月、県内の介護保険施設や事業所を運営する581法人に対して郵送で実施。505法人(663事業所)から有効回答が寄せられた。

 それによると、663事業所のうち416事業所(62.7%)で、労働基準法や労働安全衛生法上、何らかの問題が見られた。特に、「衛生推進者の選任」(53.3%)、「衛生委員会の開催」(44.1%)、「産業医・衛生管理者の選任・届出」(27.0%)、「36協定(届出・運用)」(20.5%)などの項目で、問題のある事業所の割合が高かった。

 また、問題のある事業所を規模別に見ると、「10人以上50人未満」が66.7%、「10人未満」が63.2%と、それぞれ6割を超えていたが、「50人以上」では51.7%にとどまっていた。

■社会福祉施設の労災、腰痛などが最多
 県内の社会福祉施設では、休業4日以上の労働災害が昨年1年間で73件発生していた。2000年(24件)の3倍強で、同年以降で最多となった。原因を見ると、腰痛など「動作の反動・無理な動作」が19件(26%)で最も多く、これに転倒が16件(22%)で続いた。移動中の交通事故も11件(15%)と多かった。


【関連記事】
「業務上の疾病」の伝染性疾患、介護も業務対象に
地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会
介護施設の研修の実情を調査へ−介護人材養成在り方検討会
介護福祉士の養成課程に関するパブコメ結果を発表−厚労省
月1万円の賃金引き上げや定期昇給を要求へ―介護クラフトユニオン

社員85人が不正乗車=IC券悪用、5人解雇―JR東海(時事通信)
介護疲れで無理心中=84歳の母死亡、長男逮捕―兵庫・加古川(時事通信)
子ども手当 満額断念「当初から無理」 冷めた反応や批判(毎日新聞)
<子ども手当>「理解してもらえる」満額見送りに首相(毎日新聞)
亀井氏「連立離脱の覚悟」…郵政と会期延長で(読売新聞)

口蹄疫猛威 子牛高騰、感染に戦々恐々 「ひとごとでない」秋川牛(産経新聞)

 宮崎県で猛威をふるっている豚や牛の伝染病、口蹄(こうてい)疫。宮崎県から子牛が出荷できず、子牛を育てられないことから各地のブランド牛にまで大きな影響が及ぶことが必至の情勢となってきた。「ひとごとではない」。口蹄疫問題で揺れるブランド牛の飼育現場からは不安の声も漏れる。東京都あきる野市でブランド牛「秋川牛」を育てる牧場を訪ねてみた。(高橋裕子)

 JR小作(おざく)駅=東京都羽村市=からバスに揺られて10分。都内とは思えないのどかな田園風景が広がる中に「秋川牛」を育てる肥育農家、竹内孝司さん(69)の牧場はある。

 畜舎には体長170センチはあろうかという牛が、さくで区切られたスペース内で8頭ずつゆったりと横たわっていた。畜舎独特のにおいはせず、ひのき風呂のような木の香りがする。床に敷かれたおがくずの香りだ。

 「床が汚れると牛は立ちっぱなしですが、清潔だから横になれる。おがくずには消臭効果もあります」。竹内さんの長男、孝英さん(40)は説明する。

 買ってまもなくの若い牛は広い畜舎にまとめられるが、出荷前にはさくで区切られた1頭分の“個室”に転居。「区切られていない畜舎のほうが掃除も楽ですが、出荷前には余計な消耗をさせずに体内に脂を蓄えさせて仕上げる」(孝英さん)のだそうだ。

 ◆平均6万円上昇

 竹内牧場は、子牛を買って独自ブランド「秋川牛」に育てる肥育農家だ。この牧場で育ち、日本食肉格付協会の格付けで、上から2番目のA4等級以上を獲得した肉を秋川牛としている。口の中でさらっと溶ける脂が持ち味だ。

 常時約300頭を20カ月ほど肥育し、年間約180頭を出荷。餌は栃木県産の稲わらが唯一の国産で、台湾産のサトウキビの搾りかすなどを与える。

 宮崎県から遠く離れているが、口蹄疫は「ひとごとではない」と竹内さん。「離れていても感染するかもしれず、戦々恐々です」。定期的な出荷には常に新しい子牛が必要だが、子牛の名産地である宮崎県のほか九州地区の競りがストップし、ほかの子牛市場が高騰することへの懸念もある。

 竹内さんは年10回程度、岩手県の岩手中央家畜市場の競りに参加し、1回20〜24頭の子牛を購入する。5月19日から3日間の競りでは、「見たことのない人が大勢いた。1頭当たり5万円ぐらい高かったが、数をそろえたいので、いつもよりランクの低い牛を調達せざるを得なかった」。

 農畜産業振興機構によると、この競りの平均価格は前年同時期の1・18倍で約6万円上昇。同機構が20日までにまとめた5月の全国の子牛1頭当たりの平均価格は、前年比8・6%高い約39万円で、全国取引頭数も前年の2割に満たない。

 ◆不況も追い打ち

 ただでさえ、日本の畜産はコスト高だ。豚や鶏なども含めた日本の飼料の自給率は29%と低く、飼料を自国で調達できる米豪などに比べコストがかかる。

 長引く不況も追い打ちをかける。竹内牧場ではおがくずを富山県の木工業者から購入するが、不況で住宅など木工の需要が冷え込み、おがくずの量が減って価格も上昇したためだ。

 金をかけて育てても、出荷の際に高級肉でも高値がつかない。竹内さんの場合、子牛を35万〜50万円で買って肥育し、100万円以上で出荷するのが目標だが、最近は85万円程度で売れるのがやっとだという。

 「よほど動物好きで、金勘定ができない人しかやっていけないよ」と竹内さんは苦笑いする。安い外国産牛肉に対抗するには、日本の畜産の飼育コストを下げることが肝要だが、口蹄疫の発生で実現はさらに遠のいたといえそうだ。

【関連記事】
赤松農水相、殺処分の週内終了を宮崎県に指示
首相、宮崎訪問検討を表明 口蹄疫問題で「激励も込めて」
経費かかるブランド和牛の肥育現場 口蹄疫ショックが追い打ち
ダル夫人の紗栄子、宮崎に300万円寄付
巨人「がんばれ宮崎」支援活動
iPadが上陸

JR新快速の速度計が故障 兵庫・姫路、影響8700人(産経新聞)
首相「閣議決定したい」=福島党首、署名拒否伝える―普天間(時事通信)
3歳長男に暴行、容疑の母親逮捕(産経新聞)
貧困ビジネス 逮捕の自称NPO代表「囲い屋と違う。お礼は受け取ってない」 (産経新聞)
三菱東京UFJ行員を逮捕=車内で下半身露出―愛知県警(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。